DeRosa ネオプリマート オーバーホール Vol.3(組み付け)

組み付け前に、フレームは、食器用洗剤で洗いました。
あと、各部品も綺麗にします。水仕事だったので、写真がありません。。。

IMG_0939-2.JPG
リアディレーラーは、プーリを外して掃除しないと、綺麗にならないと思いますが、
プーリは上下で微妙に違います。表裏もあります。取り外す際は、きちんと確認して取り外して、
正しく組み付けてください。

ちなみに写真だと、左が下、右が上です。



さて、綺麗にしたところで、グリスアップとオイルを注油して組み付けをしていきます。
当然ですが、グリスが入っているところには注油してはいけません。

まず、フロントフォークですが、組み付け組み付けの順番にご注意ください。
下記は、レコードのヘッドセットの例です。(わかり辛いですが。。。)
IMG_0940-2.JPGIMG_0941-2.JPG

上下でベアリングの大きさが違います。下のほうが大きいベアリングですね。
一応、説明書の写真もつけておきます。
IMG_0942-2.JPGIMG_0943-2.JPGIMG_0944-2.JPG

IMG_0946-2.JPG

あー、シートポストも早めにつけたほうがいいです。
ラグの尖っているところが刺さります。。。


次にクランクを取り付けます。
右クランクをきちんと取り付けて、クリップも忘れずに。
左側に、スプリングワッシャと、シールドをつけて、左クランクをつけます。
IMG_0948-2.JPG


左側のクランクを付ける際は、180°になるように気をつけましょう。
左のはNG、右のようにね。(取り付けちゃうと、外すの大変ですよ。)
IMG_0949-2.JPGIMG_0951-2.JPG

次に、左側のネジを締めるのですが、トルクは42N・mで締め付けろとのこと。
IMG_0952.JPG

42N・mって、結構なトルクですよ。
一般的な、トルクレンチではトルクが足りません。
IMG_0953.JPGこれでは、15N・mまでなので、無理。

今回は、パークツールのこんなトルクレンチを使用してみます。
IMG_0954 2.JPGIMG_0955.JPG
アナログタイプのトルクレンチ。70N・mまでOKです。

つーか、42N・mってかなりのトルクです。
取り外す時に使用した14mmヘキサでは、とても締め付けれないと思いますのでご注意ください。

これで、クランクまで取り付けが完了です。

この記事へのコメント